髪の毛の遺伝について

母方や父方が、どうこうというより、人間は両方から4つずつの遺伝子を持って生まれ
女性にも因子はありますが、それが発現しない事が多い様です。

ですので、特に男性の方は、どちらかに因子があれば御自身も男性型脱毛症の
可能性が高いと認識されて育毛手当をされた方がよろしいかと思われます。

また因子がなくても環境により発現することもあります。

結局、男性は特に、男性型脱毛症の薄毛対策、抜け毛対策を
怠らない事が大切だという事になります。

30代は髪の毛の曲がり角です

「最近、鏡を見ると髪のボリュームがなくなってきた。」
「周りから薄くなったと指摘された。」
「シャンプーする時の抜け毛が気になる。」
「地肌が目立つ様になってきた。」

三十路を迎えた男性の方は、髪の悩みを抱え始めている人が
多いのではないでしょうか?

つい最近まで20代で、まだまだ自分では若いつもりでも、
疲れが取れにくくなったり、運動をしてもケガをしやすくなったり等、
悲しいかな体の衰えが見え始めてくるのが30代です。

医学的見地からも、30代は体が変化する曲がり角と言われています。
内蔵や代謝機能の衰え、運動能力などが低下してくる年代なのです。

その衰えと同様に、ヘアサイクルが変化して、10代・20代では気にならなかった
髪の毛のなやみも出てくるのです。

4人に1人は薄毛に悩んでいる

アデランスの調査によりますと、日本の成人男性薄毛率は26%を超えたそうです。
すなわち成人男性のおよそ4人に1人が「薄毛」という計算になります。

食生活の欧米化やストレス社会が薄毛にもたらす影響は大きいのです。
薄毛対策には、まず髪の毛の「基礎知識」「構造」を知る必要があります。

髪の毛は何の為にあるのか?

「頭を直射日光や暑さ・寒さから守る為」
「髪の毛の根元に知覚神経が有り、様々な刺激を感知する為」
「人体に有害な物質を排出する為」

髪の毛は、人間にとって必要不可欠なのものなのです。
抜けても必ず生えてくると力説する専門家もいるぐらいです。

髪の毛のメカニズム

髪の毛は一日に0.3〜0.4mm程伸びます。そして、正常な
頭皮サイクルでは、一日に50〜60本ぐらいが自然と抜けています。

髪の毛の構造ですが、頭皮から出ている髪の毛を「毛幹部」
頭皮の下にある髪の毛を「毛根部」といいます。

太く黒々とした髪の毛は、毛根部の深くから生えています。
大きな木でたとえるなら、地中深く根を張った根っこの部分です。

その逆で、細くかぼそい髪の毛は、根がしっかりと張っていません。
その状態で髪の毛が抜けると、異常脱毛になり、薄毛を引き起こしてしまいます。








posted by シャレコ at 00:00 | TrackBack(0) | 髪の毛の遺伝について
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。